たまごっちのお部屋

   
こどもの日を前日に控えた5月4日、遂にたまごっちを手に入れました。
(...それも、一度に3つ。笑)

 
いつ頃だったでしょうかねぇ、たまごっちが爆発的な人気を得て、店頭から姿を消したのは。どこの玩具屋さんへいっても品切れで、予約すると一年くらい待たなければいけないという気の遠くなるような話。実は、私も子供達もすっかり諦めていたのですよ。でも昨日、今年の2月頃(記憶も定かでない(^_^))に予約しておいた某玩具屋さんから「商品が入りましたので至急お受け取りください。」との有り難い連絡がありましてね、「やったぁ!」とばかりに消費税5%もものともせず(^^;)大枚金2079円を握りしめてお店に飛んで行ったのであります。(笑)
「以外と早かったねぇ。」「そうね、パチンコ屋さんの景品ではよくあるんだから、きっと誰かが買い占めていたんだね。」「それとも、新製品やらまがい物が出てきて慌てて在庫処分しだしたのかな。」「いや、メーカーの3交代での製造があったからこそ、ようやく手に届くまでになったんだよ。」「それにしても、ついこの間、ヤミ値で一個1万円で買った○○さんは可哀想だったね。」「いやぁ、あれはあれで価値があったんだよ。何せどこにも売ってないたまごっち全盛期だったからね。」等々、店に向かう車の中では、ああだこうだとそれぞれの私情に満ちあふれた会話が進んでおりましたんです。はい。
お店では、まるで天使のような店員さんがホホホと優しく微笑んで「どれになさいますか」と色違いを3個ほど出してくれたのです。たまごっち1とかたまごっち2とかも良く分からない私たちはその道のプロフェッショナルな姪っ子(既に3つも持っている(゚o゚))を連れていって「どれが良いのかな?」とご意見を伺ったりしたのでありました。「白のたまごっちが良いよ。春の新色だから・・・」と話を聞いてもさっぱり理解できない有り難いアドバイスで白を購入したのでありますが、「やはり、たまごは白色だよね。」と妙に納得して、「でも、回りの渦巻きは何?」「あ、それ・・・うんこかな。」「うううううう、うんこ!?」(~o~;
4ヶ月近くも待たされ、とうとうたまごっちを手に入れた私たちは近くの百貨店で悲願達成記念ラーメンでも食べようかということになりましてね。その百貨店の3階にある玩具屋さんへたまごっち用母子手帳(^^;を買うべく立ち寄ったんですぅ。そしたら何と「本日、たまごっちを販売いたします」との案内がありまして、慌ててレジに走ったんですぅ。「お一人様1個限定、色などの種類は選べません。」慌てましたねぇ、子供が1個買って、私もやっとのことで1個手に入れることができましたんです。それは、ほんの10分間程の出来事でありました。そんな訳でありまして、今日は一日中たまごっち三昧の我が家でありましたが、”猫も杓子もたまごっち”のブームがもう少し続いてくれると幸せかなと思う反面、たかがおもちゃにこれほど熱が上がるものかと、ちょっぴり恥ずかしくって、思わず赤面な私でもありました。(笑)


ホームページへ戻る けんちゃんのページ  まりちゃんのページ てるちゃんのページ 我が家のホットニュース!


   お便りはこちらへ
メールアドレス>(ひろしさん)